腸内環境の悪化が引き起こす症状とは?予防・改善法も解説

腸内環境が悪くなる原因とは?

便秘やストレス、病気などの症状によって腸内環境が悪化する流れを解説しています。

腸内環境を乱す3つの原因

現在、腸内環境に何らかの異常を抱えている人は、年齢を問わず増加傾向にあります。これは現代社会のさまざまな生活習慣によって引き起こされているケースが多いようです。まずは、腸内環境が悪化する主な原因として考えられる、3つの症状についてまとめてみました。

  • 便秘
    偏った食生活により起こる便秘は、放っておくと悪玉菌が増殖してしまい、腸内細菌のバランスが乱れるため、腸内を整えるためにも、まずは便秘を解消することが大切です。
  • ストレスや緊張による神経疲労
    腸と脳と精神とは密接な関係があると言われており、過度のストレスや緊張を感じることが多い人や、神経質な人は腸に負担が掛かりやすいようです。
  • 病気
    風邪などの病気で処方される薬に含まれている抗生物質を摂取することで、病原菌だけでなく腸内の善玉菌も全滅させてしまいます。また、年齢と共に善玉菌は減少していくとも言われています。