腸内環境の悪化が引き起こす症状とは?予防・改善法も解説

便秘による悪玉菌の増加

便秘が起こる原因と、便秘によって悪玉菌が増殖することで、腸内環境が悪化する仕組みについて解説しています。

便秘の原因と腸内環境悪化のメカニズムを調査

便秘は、不規則な食生活、運動不足、生活習慣など、毎日の行動・日々の小さな原因が積み重なって引き起こされます。

中でも食生活が与える影響は大きく、肉や加工食品などの消化のいいもの、栄養価の高いものを食べることが多くなり、野菜不足になりがちな欧米型の食事傾向が便秘の原因の1つと考えられています。

悪玉菌が便秘を悪化させる!

健康な人の腸内環境は、善玉菌と悪玉菌それぞれがうまく保たれているのですが、悪玉菌が優勢になると体に様々な悪影響を与えてしまいます。

悪玉菌は、脂肪分やタンパク質のカスを栄養にしているため、肉類を摂取することで悪玉菌が活性化しやすくなります。

腸内に悪玉菌が増えると、腸内腐敗を促進させるので、腸のせんどう運動が妨げられて排便がスムーズに行かなくなるばかりか、おなかの張りや臭い便などの症状が現れるようになるのです。

腸内細菌の種類

人の腸の中には、約500種類、100兆個の細菌が存在しているのですが、主に3種類の腸内細菌に分類することができます。

  • 善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌など)
    腸内を酸性にし、病原菌から守ってくれたり、免疫力を高めてくれます。食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成、腸管運動の促進などの働きをしてくれます。
  • 悪玉菌(大腸菌など)
    腸内をアルカリ性にし、腸内腐敗を進めたり、発ガン物質や毒素のある有害物質を作り出します。体の抵抗を弱め、下痢や便秘を引き起こす危険な細菌です。
  • 日和見菌
    病原菌の感染から守るという効果を持つ面とは反対に、食べ物や体調によっては悪玉菌にも傾くため、腸内異常発酵や腸内腐敗、発がん性物質の生成、腹部膨張感といった症状を引き起こす可能性もある細菌です。