腸内環境の悪化が引き起こす症状とは?予防・改善法も解説

ストレスや緊張による神経疲労

腸内環境が悪化する原因の一つ、日常的なストレスと腸の関係について解説しています。

腸内環境の悪化とストレスとの深い関係

腸と脳と精神とは密接な関係があり、精神的に繊細な人は腸が弱い傾向にあるようです。

腸の働きは、交感神経と副交感神経という2種類の自律神経によって左右されるため、 昼間の緊張をゆるめ、心身を休息させるための神経である副交感神経が優位になった時、つまりリラックスした状態でよく動くようになります。

自律神経は呼吸や代謝、体温調節など自動でコントロール・調整していくものなので、自分の意思でコントロールすることができません。

自律神経のバランスが崩れると腸内環境も悪くなってしまうので、日頃から1日の中で自分が落ち着けてリフレッシュできる時間帯を設けることが大切です。

ストレスが影響しているサインを知ろう

自分では大丈夫と思っていたり、それほどストレスを感じていなかったとしても、身体はとってもデリケート。直ぐに体調の変化があらわれます。

例えば、うさぎのフンのようなコロコロうんちの場合は、けいれん性便秘といって、ストレスが原因である可能性が高いと言われています。食後におなかが痛くなったり、便秘と下痢を繰り返すこともストレスが影響している場合があるようです。

また、ストレスがたまると女性は便秘になり、男性は下痢になる人が多いそうです。代表的な症状として、ストレスなどが原因で、慢性的に下痢や便秘、腹痛をくり返す疾患である「過敏性腸症候群」が挙げられます。

最近では1600万人くらい予備軍がいるとも言われており、現代のストレス社会では急増している病気の1つとして考えられています。