腸内環境の悪化が引き起こす症状とは?予防・改善法も解説

腸が喜ぶ生活習慣とは

健康な腸内環境を保つために実践したい、食事や生活の習慣について解説しています。

腸内環境を健康に保つ生活習慣

私たちの体は、約60兆個の細胞から成り立っています。そのうち約7000億個の細胞が毎日入れ替わることで、体を維持しています。

腸内環境を改善する1番の近道は、普段の生活習慣を整えること。どのような事に気をつければ良いのかを以下にまとめましたので、チェックしてみて下さい。

規則正しい食生活

便となる栄養素不足や朝食を抜くことなく、1日3食栄養バランスを考え、決まった時間に充分な量の食事をとりましょう。

偏った食事は食物繊維が不足したり、栄養バランスが崩れて、腸内環境が悪化してしまいます。

参考:「バランスの良い食生活を送るコツ」

リラックス状態をつくり血流を良くする

生活環境の変化や仕事、人間関係のストレスを溜め込まず、1日の中で心身ともに自分が安らげる時間を作るように心がけましょう。

参考:「ストレスとは:ストレス軽減ノウハウ」

トイレを我慢しない

トイレを我慢してしまうと、直腸反射がおこりにくくなったり、ストレスを抱えることとなってしまい、結果便秘になってしまうので気をつけましょう。

参考:直腸肛門反射のメカニズムに関する実験的研究

睡眠時間の確保

夜更かしをせず充分な睡眠時間をとることが大切。睡眠不足になると、自律神経が乱れて副交感神経が充分働かず、消化器官が就寝中に充分働かなくなり便秘となってしまうので、注意が必要です。

もし寝ようと思っても寝れない、寝付けないという方は、睡眠サプリを摂取するという方法もあります。

睡眠サプリは副作用も少なく、脳の興奮状態を鎮める成分が入ったものもあるため、リラックスして入眠することができます。

適度な運動やマッサージ

血流を良くしたり腸を刺激する効果があるので、ウォーキング、サイクリングなどの有酸素運動などがオススメです。

また、多少の専門知識は必要となりますが、直接腸に刺激を与えて、せんどう運動を促進させるマッサージなども効果的です。

参考:運動と循環器病