腸内環境の悪化が引き起こす症状とは?予防・改善法も解説

腸内環境を整える3大栄養素

毎日の食事で腸内環境を整えるために不可欠な、3つの栄養を似ついて解説しています。

腸内環境を整える食事で大事な栄養素とは?

腸内環境は、腸内細菌である善玉菌と悪玉菌のバランスで決まります。

善玉菌は日本の伝統食である和食を好み、悪玉菌は動物性たんぱく質を好むため、動物性たんぱく質を含む食事ばかりに偏ると、体内に毒素が作り出され腸内環境が悪化してしまいます。

では、腸内環境を良い状態にするには、日々の食事でどんなことに気をつければ良いのか。以下にまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

腸内環境を整える食生活

腸内環境を整える食事として大切なのが、毎日の食事で乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維を摂取することです。

食物繊維は消化されないまま、胃や腸内で水分を吸収します。大きくふくらむため、ぜん動運動の活発化や多量に含んだ水分が便をやわらかくする効果が。お通じを助けるだけではなく、腸内細菌のエサとなり善玉菌の繁殖を促してくれます。

また、発酵食品は優良な善玉菌をたくさん含んでいるので、腸内細菌の心強い味方となるのです。

主な食品リスト

  • 乳酸菌:味噌、醤油、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズ、お酢など
  • オリゴ糖:蜂蜜、バナナ、トウモロコシ、にんにく、ごぼう、タマネギ、大豆など
  • 食物繊維:ごぼう、レンコンなどの野菜類、さつま芋、ジャガイモなどの芋類、豆類、ひじき、わかめなどの海藻類、バナナ、リンゴ、ミカンといった果実類など

最近注目の栄養成分「モリンガ」

最近では、レタスの38倍の食物繊維など、1つの植物で豊富な栄養素を含んでいるハーブ「モリンガ」が注目を集めています。

モリンガの栄養素に多く含まれる食物繊維やビタミン、ミネラル、アミノ酸の働きで、高いデトックス効果が期待できるため、身体が持つ本来の機能を取り戻し、健康的な身体へと導いてくれます。

モリンガの栄養素は、全て天然のかたちで含まれているので、高い便秘効果が得られるだけでなく、身体に嬉しいさまざまな効果が期待されています。