腸内環境の悪化が引き起こす症状とは?予防・改善法も解説

まだある腸の働きを助ける成分

毎日の食事に取り入れることで、腸内環境を整えて便秘を予防・改善してくれる栄養素をピックアップしています。

腸内環境を整える食事~便秘を予防・改善する栄養素~

便秘には、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖以外にも有効成分があるのでまとめてみました。

  • ビタミン
    ビタミンB群やEは、腸の動きをコントロールする自律神経に働きかけることによって、腸内運動を活動的に。ビタミンCはぜん動運動を活発にさせるガスを発生させてくれるため、排泄をスムーズにします。
  • クエン酸
    酢や果物に含まれるクエン酸は腸を刺激して、腸の運動を活発にし、食品の消化吸収を高めます。腸の働きを良くし、殺菌力により腸内環境が改善され、便秘に効果を発揮してくれます。
  • オリーブオイル
    オリーブオイルは便の中に入り込み、便をすべりやすく、スムーズに排出するサポートをしたり、弱った腸や胃を元気にして、せんどう運動を活発にする働きがあります。
  • カリウム
    酵素を活性化させ、間接的に新陳代謝や神経伝達を補助してくれるので、便秘解消にも効果があります。
  • ポリフェノール
    神経を直接刺激して胃腸の動きを活発化してくれるので、緩下作用があります。

栄養素が豊富な話題の植物「モリンガ」

ここに挙げた栄養素のほとんどを配合しているモリンガは、ミラクルツリーとも呼ばれ、バラエティに富んだ栄養素が豊富に含まれている植物です。

19種類の豊富なアミノ酸をはじめ、レバーの5倍のビタミンB2やアーモンドの4倍のビタミンE、牛乳の63倍のカリウム、赤ワインの8倍のポリフェノールと、その含有量の多さも魅力となっています。

モリンガに含まれる栄養素は、サプリメントで効率的に摂取することが出来るので、食生活で補えない栄養素もしっかりとサポートしてくれるはずです。